家庭とお金、どっちが大事?

女性にとって家庭はいちばん大切なもの。
しあわせな家庭、あたたかな食卓を維持するためには、先立つもの、つまり「お金」は不可欠。
子供を産み育てるとなると、教育費、お弁当などの食費、お祝いを貰えばお返し。
家族の幸せとお金は切っても切れないキーワードになってきます。

そして子供が自立するまでついて回るのが、「ママ友とのお付き合い」です。
ママ友同士のお付き合いは見栄の張り合いの場でもあり、ネイルひとつをとっても気を付けなければなりません。
「○○ちゃんのお母さん、3週間もネイル変えてないのよ」なんて言われてしまいます。
ちょっとしたマイナスの噂があっという間に尾ひれがついて広まってしまうのがママ友の世界。
きれいなお母さんでいることは子供にとっても誇らしいことですが、母親自身にとっても戦いの場でもあるのです。

昔は倹約して地味なお母さんが一般的でしたが、今は母であることよりも「お子さんがいるなんて信じられない!」と言われたい、そんな女性が大半です。
女性が自立して外へ出るようになったこともあり、家庭と仕事を両立するバリバリのキャリアママが増えたことも影響しているかもしれません。

でも、子供が小さいうちは自分の手で育てたいし、でも出費はかさむ。
そんなお金の悩みを抱えたママさんたちは、いったいどうしているのでしょうか?

それはズバリ、銀行カードローンです。
主婦向けのカードローンサイトなどを見ていただくとわかるかと思いますが、消費者金融と違い審査がゆるく、専業主婦でも気軽に審査借り入れができます。
また返済額も1万円以下の場合もあり、ちょっと今月は・・・というときにもってこいなのです。
そして旦那さんへの確認の電話もいかないので、こっそりと家計を助けることができます。

実は私も銀行系のカードローンに助けられる月があります。ママ友に見られるわけにはいかないので〈来店不要ローン〉を選んでいます。
ママ友同士では絶対に口が裂けても言えませんが、きれいなママで居続けることは子供のためなのであります。